褒められたい疲れた…その気持ちをおさえることなく解決する方法

「褒められたいのに誰も褒めてくれないしもう疲れた!」という方に少しでも役に立てるよう、この記事を書いています。

褒められたいという感情は捨てたほうがいいという人もいますが、私はこの主張には反対です…。
褒められたいという感情があるのに、それを無理に消す必要はないと思います。

この記事では「褒められたい、疲れた」という気持ちをおさえることなく解決する方法を紹介します。

褒められたいのに疲れた…となる理由

褒められたいのに疲れた…となる理由

人から褒められたいという思いがあると、

  • どうしたら褒めてもらえるだろう?
  • これ頑張ったらこう言ってもらえるかな?
  • とりま頑張るしかない…

…といろいろ考えて、結果的に「もう疲れた!」となること、多いですよね。
褒められることを目標にするから、疲れてしまうのだと思います。

これは悪いことではないですし、あなただけではないので安心してくださいね(^^)

こめのえ
こめのえ

私は「認められたい」と思う派ですが、同じように疲れました…

褒められたい疲れた…の気持ちの予防法

褒められたい疲れた…の気持ちの予防法

褒められたい、疲れた…とならないためにどうしたらいいか、3つ考えてみました。

  1. 褒めてくれる友人に会う・連絡する
  2. 自分に自信をもつ
  3. 自分を客観視して褒める

褒めてくれる友人に会う・連絡する

あなたの頑張りを認めて褒めてくれる友人がいれば、その友人と会ったり連絡を取ったりできるといいですね。

たとえ同じ職場の上司や同僚でなかったとしても、あなたの良さをわかってくれる人はいるはずなので…!

こめのえ
こめのえ

元気なだけで喜んでくれる友達がいると、救いになります。

自分に自信をもつ

普段から自分にある程度の自信があれば、他者から褒められなくても自分を肯定できます。

最近は自己肯定感が低い人が多いという統計もあるので、もし今自分に自信が持てなくても落ち込むことはありません。

こめのえ
こめのえ

頑張っている経験を自信に変えていきましょう!

自分を客観視して褒める

「自分を自分で褒める」のも大事とよくいわれていますよね!

私は自分を褒めるのが苦手なのですが、最近は「自分を客観的に見て頑張りを褒める」ということをしています。

こめのえ
こめのえ

客観的に、というのがポイントだと感じます。

褒められたいのに疲れた時の対処法3つ

褒められたいのに疲れた時の対処法3つ

褒められたいのに、もう疲れた!今すぐこの気持ちをどうにかしたい!という方のために、より具体的な対処法を3つ紹介します。

  1. 褒めてくれるサービスを使ってみる
  2. 愚痴聞きサービスを使う
  3. 占いで自己肯定感を上げる

①褒めてくれるサービスを使ってみる

ココナラという誰でもサービスを出品したり購入したりできるサイトに、疲れた!聞いて!褒めて!に応えますというサービスが出品されていました。

このサービスを使えば、ココナラの電話相談の最安値1分100円で、あなたの疲れた気持ちを癒やし、褒めてもらえます。

優しい声で褒めてくれた、という口コミなので、ぜひ検討してみてください♪

②愚痴聞きサービスを使う

褒めてもらいたいのに褒められないと、不満が溜まっていきますよね。
ココナラでは愚痴を聞いてくれるサービスも充実しています。

メール相談も対応しているので、電話相談はちょっと…という方も大丈夫です。
くわしくは下記の記事にまとめています。

③占いで自己肯定感を上げる

私は生年月日で占うマヤ暦や四柱推命を勉強しているのですが、生年月日での占いは自分の良さや特性が再認識できるので、人から褒められたような感覚になれます。

もし占いに抵抗がなければ、一度だけでも試してみてください。

「褒められたい疲れた!」対処法まとめ

褒められたいという感情を捨てよう、という人もいますが、私は褒められたい気持ちは捨てなくてもいいと思っています。

ただ、疲れた!というところまでいってしまうと悪影響のほうが大きいので、そんなときは今回紹介したサービスなどもうまく活用しながら乗り切ってみてください。

普段から自己肯定感を高めて、自分を肯定できるとさらに良いですね◎
今回は以上です。