愚痴は言ってはいけないのか?感情を抑えるほうが良くないと思う

私は、愚痴を言っても良いと思う派です。

ですが、一般的には愚痴を言ってはいけないと考える人が多いようです。
(統計があるわけではないので割合はわからないのですが…)

この記事でわかること
  • 愚痴NG派の理由3つ
  • 愚痴を言ってもいいと思う理由
  • 愚痴を言うときに大事なこと
  • 愚痴を聞いてくれるサービス

愚痴を言う=悪いことではないと思います。
この記事で一緒に解決していきましょう!

愚痴は言ってはいけない理由3選

愚痴は言ってはいけない理由3選

愚痴を言ってはいけないと考える人の理由を調べてみました。

まとめると、下記の3つの理由に分かれています。

  1. 相手を不快にさせてしまうから
  2. 自分の評判が悪くなるから
  3. 愚痴が習慣化してしまうから

相手を不快にさせてしまうから

愚痴を聞かされる相手は、良い気持ちになることはないという意見です。

愚痴というのは良い話ではないですからね…。
個人的には、誰かの悪口でなければ嫌ではありませんが(^^)

自分の評判が悪くなるから

愚痴を言うと自己中心的な人と思われ、自分の評判が悪くなると考える人もいました。
愚痴の内容と話す相手によってはそうなるかもしれませんね。

信頼関係ができている相手なら、愚痴を言った程度で好感度が下がることはないのでは…?

愚痴が習慣化してしまうから

愚痴を言うと、それが習慣化して愚痴ばかり言う人になってしまうという意見もありました。
たしかに、いつも愚痴ばかりの人っていますよね。

さすがに、愚痴しか言わない人と関わりたいとは思わないので、気をつけたいですね。

愚痴は言ってはいけないのか?

愚痴は言ってはいけないのか?

愚痴は言ってはいけないのか?について、個人的な意見をまとめます。

私は、愚痴は言ってはいけないとは思っていません。
愚痴を言わないでおさえておくと、心身に影響が出ると思うからです。

愚痴を言わない人になることは正義?

愚痴に関する記事を調べているとき、結論として「愚痴を言わない人になろう」と書いてある記事がありました。

私は、「愚痴を言わない人になる」ことを目標としなくてもいいと思っています。

理由は、愚痴を言わないということは、自分の感情にフタをしていることになると思うからです。

愚痴を言わずに抑える必要はない

愚痴を言わずに感情を抑えてしまうと、自分の心身に影響が出てしまいます。

私は「愚痴を言うな」と言われたことはないのですが、以前、上司に「感情的になるな」と指摘を受けたことがあります。
それから、自分の思いを素直に話すことが苦手になり、苦しかった経験があります。

最近、下記の本を読んだのですが、この本を読んで「自分の感情をおさえる(無視する)必要はない」と改めて考えさせられました。

モヤモヤしている方はぜひ読んでみてください。

愚痴は言っても良い!相手を選ぼう

愚痴は言っても良い!相手を選ぼう

個人的な意見ですが、愚痴を言うときに大事なのは「相手を選ぶこと」だと思っています。

私の場合、仕事の愚痴は同期に聞いてもらうことが多かったです。
同じ職場の人に話すことで、状況を理解して共感してもらいやすく、支えになってもらいました。

最近は、別の職場で仕事をしている同級生の愚痴を聞くことがあります。
別の職場の話だと人間関係やその場の状況のイメージが湧きにくく、返答に困ることも多いです。

愚痴を聞いてもらうなら、なるべく同じ環境にいる人のほうが相手を困らせず、愚痴る側としても話しやすくなると思います。

愚痴を聞いてくれるサービスもある

愚痴を聞いてくれるサービスもある

とはいえ、「同期がいない」「身近に話せる人がいない」というケースも多いのではないでしょうか。

そんなときは愚痴を聞いてくれるサービスを使ってみるのをおすすめします。

ココナラでは、「愚痴聞きサービス」といって愚痴を聞いてくれるサービスを出品している人がたくさんいるんです。

「愚痴を言うな」なんてことを言ってくる人は絶対にいないはずです。

電話で5分から愚痴を聞いてくれるものから、1時間即レスのチャットで話せるものまで、いろんなサービスが出品されています。

くわしくは下記の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

愚痴は言ってはいけないのか?まとめ

愚痴は言ってはいけないと考える人も多いですが、私自身は「愚痴=悪」とは思っていません。

愚痴を言うことで、自分の心身を守れるのなら絶対に吐き出したほうがいいです。

愚痴を聞いてくれるサービスも充実しているので、ぜひ活用してみてくださいね。

今回は以上です。