写真の体の一部が消える意味は?足や手がなくなる現象の真相は…

写真の体の一部が消える意味ってなに?悪いことが起きそうで心配。
こんな悩みがある方に少しでも役立つように記事を書いています。

写真で体の一部が消えるのは、その部分のケガや事故に気をつけるべきという暗示です。

この記事では、写真で体の一部が消える意味についてよりくわしく紹介します。

写真の体の一部が消える意味を部位別に解説

写真の体の一部が消える意味を、部位別に見ていきましょう。

足が消えている場合足のケガ・交通事故・下半身の病気に注意
手が消えている場合手のケガ・手の近くの内蔵の病気に注意
腕が消えている場合腕のケガ・呼吸器系・皮膚病に注意
頭の一部が消えている場合頭のケガ・脳の病気に注意

写真で体の一部が消えるのは、上記のようにケガや病気に気をつけなさいという守護霊からの暗示といわれています。

だいたい半年くらい気をつけていれば大丈夫だそうです。

こちらの占い師さんの記事でも解説されています。

体の一部が消えて「見える」写真もある

体の一部が消えている写真の中には、ただそう見えるだけの写真もあります。

たとえば、下記のような事例もとても多いです。

  • 写真がブレている
  • 姿勢の影響で体の一部が何かに隠れている

不気味な「心霊写真」を解明するという記事で、体の一部が消えているように見える写真を検証していて、参考になりますよ。

写真の体の一部が消える意味についてまとめ

写真の体の一部が消える意味について紹介しました。

基本的には、消えた部分のケガや病気に気をつけて過ごしていれば問題ありません。

また、体の一部が消えて「見える」だけの場合も多くあります。

必要以上に気にしすぎないことも大切です。

今回は以上です。