四柱推命占いは流派によって違う?特徴を一覧にまとめました!

四柱推命の流派多すぎ!どれを選んで勉強したらいいのかわからない…。

こめのえ
こめのえ

過去の私も同じことで悩みました…。

この記事でわかること
  • 四柱推命は流派ごとになにがちがうの?
  • 四柱推命の流派を選ぶときのポイントは?

この記事を読み終えれば、流派ごとの違いや特徴がわかってスッキリしますよ!

スポンサーリンク

四柱推命の流派の種類と特徴

四柱推命の流派の種類と特徴をみていきましょう。

流派ごとになにが違うのか、見えてくるはずです!

日本で有名な四柱推命の流派一覧

今回は日本で主流になっている流派についてのみ紹介します。

簡単に一覧表にまとめてみました。

流派特徴
泰山流日本でいちばん有名な四柱推命
難しいけど的中率が抜群といわれる
透派台湾からきた流派
点数制を使った鑑定方法
高木流五行推命の創始者
大運や神殺の鑑定方法に違いあり
安田流安田靖先生の流派
(高木流のお弟子さん)
五行推命を受け継ぐ
小山内流滴天髄などの古典を独自に解釈

流派によって四柱推命鑑定で異なる点

流派の種類はわかったけど、結局どんなところが違うのでしょうか。
大きな違いになりそうな点をまとめました。

  • 蔵干表の違い(蔵干通変星をいくつ出すか)
  • 十干の強弱のつけ方
  • 格局や用神の取り方
  • 空亡(天中殺)を採用するか
  • 神殺や十二運を採用するか

流派によってかなり多くの違いが出そうというのがわかりますね。

では、流派は結局どう選べばいいの?!という疑問を解決していきましょう。

四柱推命の流派を選ぶ時のポイント

四柱推命の流派を選ぶ時のポイントは、ズバリ生まれた時間を使った鑑定をするかどうか、です。

理由は、生まれた時間を使わない鑑定の場合、四柱推命ではなく三柱推命になってしまうためです。

正しい四柱推命を学びたい場合は、三柱推命は避けたほうが無難です。

逆にいうと、生まれた時間を使う流派であれば、それほど深く悩む必要はありません。
自分に合った流派を見つけていきましょう!

スポンサーリンク

四柱推命の流派はなぜ多いのか?

四柱推命の流派が多い理由は、主に次の2つです。

  1. 四柱推命の原点となる古典が複数ある
  2. 1つの古典に基づいていても、解釈が複数に分かれる

四柱推命の原点となる古典が複数ある

四柱推命の原点は古典なのですが、その大元が1つではなく複数あります。

四柱推命で有名な古典は次の3つです。

  1. 滴天髄てきてんずい
  2. 窮通宝鑑きゅうつうほうかん
  3. 子平真詮しへいしんせん
こめのえ
こめのえ

滴天髄は聞いたことある人も多いかもですね!

古典が複数あるということは、その数だけ鑑定方法も違ってくるのは納得ですね。

1つの古典に基づいていても、解釈が複数に分かれる

上記のとおり、四柱推命の古典は複数あります。

さらに厄介なことに、1つの古典に基づいていても、人によって解釈が異なります。

古典の内容が抽象的だということが原因のようです。

スポンサーリンク

四柱推命の流派のまとめ

今回は四柱推命の流派の種類や特徴について解説しました。

ポイントは下記の通りです。

  • 四柱推命は、流派によって細かい違いが多い。
  • 出生時間を使って鑑定する流派を選ぼう

今回は以上です。

四柱推命占いのリンク集
この記事を書いた人
こめのえ

占いが好きになって3年目。
マヤ暦と子宮推命の講座を2020年に受講しました。
本物の占いに出会えるようにするための情報発信をしています。

四柱推命占い
スポンサーリンク
当たる占い師大全